2008年10月14日

鏡リュウジ流タロット占いの世界(続編)

今回も、鏡リュウジさん流タロット占いについてお話します。

鏡リュウジさんが行うタロット占いは通称、ソウルフルタロットと呼ばれています。
また、心理学的な要素を加えたオリジナル性の高いの占いになっている、という話を前回しました。

しかし、これだけではなく、通常のタロット占いとは異なる考え方をするものがあります。
それが、タロット占いでも重要だとされているタロットカードの向き「正逆」の考え方です。

一般的なタロット占いでは、タロットが正しい向きで出た場合を正位置、逆向きに展開された場合を逆位置とし、タロットカードの向きによって、その解釈が異なると考えます。

しかし、鏡リュウジさんの場合は、特にこの区別を行いません。
これは、タロットカード自体の単なる意味だけにとらわれるのではなく、イメージを感じることを重視しているからです。

ここまで鏡リュウジさん流タロット占い、いわゆるソウルフルタロットについて見てきましたが、ポイントは『イメージ』ですね。
やはり『心でイメージして感じる』という部分に、鏡リュウジさんの占いの真骨頂が感じられます。

鏡リュウジさんの占いといえば、ルーンを使ったルーン・オラクルという占いや、月のパワーを活用した恋愛月占術なんかも有名ですね。
次回は、鏡リュウジさんのその他の占いについて話してみようと思います。
posted by タロット at 13:29| 鏡リュウジ

鏡リュウジさん流タロット占い

鏡リュウジさんは、いろんな種類の占いをされています。
また、その占いも有料占いだけではなく無料占いのサイトも公開されていますので、気軽に鏡リュウジさんの世界を体験する事が出来ます。

では今回は、鏡リュウジさんのメイン占いの一つであるタロット占いについて見てみましょう。

鏡リュウジさんの場合、タロット占いの事をソウルフルタロットと呼ばれています。

鏡リュウジさんが言うには、タロット自体、実は心理学的なツールとしてもとてもパワフルな効果をもっているそうです。

普通なら、タロット占いをする時は、そのタロットカードの意味を考えてしまいますよね。
でも、単にタロットカードの意味を考えるのではなく、タロットカード全体をじっくり眺める事によって、全体から受ける印象を味わって欲しいと言われています。

もしそこで何かイメージが浮かんできたら、その中に自分の気持ちと通じ合うものがないかという観点で、じっくりと考えていくのがソウルフルタロット占いを成功させるポイントになります。

タロットとまっすぐに向き合った結果、自分の新しい側面を引き出してくる事が出来れば占い成功ですね。

心理占星術研究家という肩書きを持つ鏡リュウジさんらしい占いの新しいアプローチ手法だと感じました。
しかも、ソウルフルタロットっていう名前もかっこいいですよね(笑)
posted by タロット at 13:20| 鏡リュウジ

鏡リュウジさんとは?

鏡リュウジさんと言えば、テレビなどでおなじみの人気占い師ですよね。

ここで、鏡リュウジさんの事をあまり知らない人のために、プロフィールを調べてみました。


鏡リュウジさんは、”かがみりゅうじ”と読みます。
1968年3月2日生まれで、京都府出身です。

鏡リュウジさんの職業は、心理占星術研究家・翻訳家だそうです。

占い師という肩書きだと思っていたけど、ちょっと違うみたいですね。

心理占星術研究家ってなんだか難しい呼び方ですが、要は占いに心理学の要素を加えた感じの新しい占い師だと思えばいいんじゃないでしょうか。
う〜ん、ちょっと強引かも・・・

鏡リュウジさんの最終学歴は、国際基督教大学院修士課程修了となっています。
大学院まで出ているなんて、やっぱり頭がいいんですね。

鏡リュウジさんの占いと言えば『西洋占星術』が有名ですが、他にも『タロット占い』や『恋愛月占術』や『ルーン・オラクル』などがあります。

最近では、鏡リュウジさん自身のブログを持ったり、占いサイトも運営(監修?)しているみたいで、ますます活躍の場を広げていらっしゃいます。

その他にも、雑誌の連載や本の出版も多数されています。
『恋に効く魔法の杖プチ』や『占いはなぜ当たるのですか』なんかが有名ですね。

こんなマルチな活躍をされている鏡リュウジさん。
占い好きの方は特に、これからの活躍に目が離せませんね。
posted by タロット at 12:26| 鏡リュウジ